炭素会計に必要な機能を全て備えたプラットフォーム

組織や投融資先の活動データを、国際基準に準拠した信頼できるメソッドを用い、リアルタイムで排出量に変換します。

連携先

パーセフォニが実現する”容易・正確・透明性”

パーセフォニは気候分野における唯一のERPソリューションです。データソースとの連携を自動化し、全てのデータを安全性の高いクラウド型プラットフォームに集約できます。プラットフォームには社内のどこからでもアクセスできます(権限・範囲は細かく設定可能)。

複雑な炭素会計をもっとシンプルに

炭素会計をスムースに行うためには、算出の元となる活動データの収集が鍵となります。パーセフォニのプラットフォームを利用することで、活動データの収集を確実にそして効率的に行うことができます。活動データを、付加価値のある排出量データに変換するのがパーセフォニなのです。

信頼できる高い透明性

投資家、規制当局など、自社の開示レポート提出先がどこであれ、パーセフォニ・プラットフォームの1つの特徴である『算出方法の完全な透明性』は非常に大切な要素となります。レポート内容の信頼性と正確さを担保するものだからです。

共通認識の構築

プロジェクトリーダー、ステークホルダー、ESG担当チームなど、組織の炭素マネージメントに関わる全ての人が、パーセフォニのプラットフォームを通じて共通認識を持つことができます。”ワンチーム”として脱炭素化へ邁進することが可能になります。

具体的な数値計測が具体的な施策を生む

粒度の高い排出量データを知ることは、実践的なアクションプランにつながります。現状把握、目標設定、そして、脱炭素化戦略の構築へとシームレスに展開できます。

”オール・イン・ワン”タイプの炭素会計ソフト

”温室効果ガス排出量算出を劇的にシンプルに”、がパーセフォニ・プラットフォームの根幹です。シンプルで使いやすいからこそ、ユーザーは、気候変動リスクの可視化、開示要件への堅実な対応、そして透明性の高い組織の脱炭素化、といった異なる要素にも柔軟に対応していけるのです。

投融資先の排出量

現在そして今後の融資活動において、ESG(環境・社会・ガバナンス)課題へのアプローチが社会で求められています。パーセフォニのプラットフォームでは、国際開示基準であるPCAFやTCFDのフレームワークに対応した正確さと透明性をもったデータ算出が可能となり、ESG課題の進捗管理に役立ちます。

炭素会計

財務会計の厳密性を、炭素会計でも実現できます。パーセフォニのプラットフォームは国際規格であるGHG(温室効果ガス)プロトコルに準拠しており、3つ全てのスコープ算出に対応しています。

サステナビリティ関連レポートの開示

複数の規格・フレームワークへのレポート業務は煩雑になりがちです。しかしパーセフォニのプラットフォームはそれら全てを一元的に管理・実行できるポテンシャルを有しています。つまり、データ収集からレポート開示まで、これまで費やしていた時間とコストの大幅な削減につながります。今後は、”ワンクリック”でレポート業務を完了できるようになります。

気候変動モデリング

自社の排出量と世界の気温上昇との関係性を測定・分析することができ、それに基づいた排出量削減(脱炭素化)目標と戦略を策定することが可能になります。

気候変動ベンチマーク

自社の現在の温室効果ガス排出量を、同業他社・その他企業の排出量と比較するこができます。この機能は、自社に適した目標値設定に役に立ちます。

情報ソースの一元化

組織内全ての人が1つの課題に対して共通認識を持つことは難しいです。しかし、パーセフォニのプラットフォームを唯一の情報ソースとして共有することで、自社や投融資先の排出量をすべての人が同時に把握できます。担当チーム、ステークホルダー、その他多くの人が、信頼性の高い同じプラットフォーム上で連携することができるのです。

パーセフォニと気候テック

業界の最新動向や、炭素会計にまつわる最新ニュース

ブログ
2022年8月8日
炭素会計のパーセフォニと脱炭素化コンサルティングのウェイストボックスが業務提携排出量算出から脱炭素施策のコンサルティングまでを一括で提供

企業の脱炭素化が急務となっている背景として、地球温暖化が数十年来進行しており、このまま進行すると将来、災害の増加や生態系の変化によって、森林や生物資源の減少のほか、人類の健康や居住域に多大な影響を与えるとみられています。そのため、日本政府による2050 年までのカーボンニュートラル達成目標の設定や、東京証券取引所によるTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)※の要請に即した上場企業の気候変動に関する情報開示基準の強化に伴い、企業や金融機関が 炭素排出量の削減への取り組みを進めています。

炭素排出量を削減する取り組みの基本は、炭素排出量の管理と把握、排出量削減目標の設定、脱炭素戦略の策定と実行を永続的に行う、脱炭素のオペレーションサイクルを構築することです。しかし、こうした取り組みに未着手、あるいは最近始めたばかりの企業や団体も多く、具体的に何から実施すればよいか分からない、あるいは着手していても、十分な知識やノウハウが無いため効率的に進められないという状況がみられます。そのため、国内外の炭素排出量の管理と脱炭素目標の設定におけるシステムソリューションを提供するパーセフォニと、炭素会計や炭素排出量に基づいた削減活動のコンサルティングにおいて日本のリーディングカンパニーであるウェイストボックスが、共同で企業や団体の脱炭素化を支援します。温室効果ガスの国際的な測定基準であるGHGプロトコルやPCAF(金融機関向けの国際的な炭素会計パートナーシップ)に基づいた国内外のサプライチェーンおよび金融機関の投融資先の炭素排出量の算出が可能です。