ワーキヴァ社とパーセフォニが、企業のカーボンニュートラル達成をバックアップします

私たちの強み

ワーキヴァ社とパーセフォニは、投資家や監査官に自信を持って提示できるESG開示レポートの作成・出力ソリューションを提供します。

主な特徴

  • 透明性 - GHGプロトコルに準拠したスコープ1、2、3の温室効果ガス排出量算出・管理はもちろん、広範囲における透明性の高いESGレポート作成機能を提供します。時間の節約、効率の向上、複雑性とリスクの低減を実感していただけます。 

  • 柔軟性 - ワーキヴァ社のプラットフォームを利用すれば、財務関連レポートとESG関連レポートの統合が可能になります。加えて、温室効果ガス排出源を細かく洗い出すこともできる為、ビジネスと環境のためにより良い意思決定を行うことができます。 

  • 信頼性 - 元データから出力レポート数値まで透明性を持って管理できるため、監査官や投資家にとって極めて信頼性の高いシステムとなります。また、インベントリーの透明性は、異なる地域ごとの異なる開示規制要求に対応可能であることも意味します。

ワーキヴァ社+パーセフォニ
00:30

データソースはどこにあるのか?どこから来て、どこへ行くのか?このパートナーシップがもたらすテクノロジーがそれらの疑問に答えてくれるのです。

スティーブ・ソーター(Steve Soter)-Senior Director, Accounting Industry Principal at Workiva
関連記事
オンデマンド・ウェビナー :SEC(米国証券取引委員会)の気候変動開示要求について、ビジネスリーダーが知っておくべきこと、やるべきことを解説

SEC(米国証券取引委員会)は、最近、上場企業に対し、SECへの提出書類 に気候関連開示情報を含めることを義務付ける新ルールを策定しました。ワーキヴァ社とパーセフォニが主催するこのオンデマンド・ウェビナーでは、ESGレポートを作成する効果的な方法と、単一のクラウドソリューションを利用してSECレポート対応業務を簡素化する方法について説明します。ご参加をお待ちしています。

ESGハブ

業界の先端を行くESGインフルエンサーやワーキヴァ社が発信する最新ニュース・資料、ストーリーにアクセスできます。

ワーキヴァ社の提供するESGソリューション

エンド・ツー・エンドESGソリューションを提供できる企業はワーキヴァ社が唯一です。このソリューションは、あらゆるチームを統合し、業務プロセスの一本化します。さらに、財務・非財務報告書の作成から開示までを一貫して行うことを可能にします。

マテリアリティ・アセスメント

環境・社会・ガバナンス(ESG)に関する組織の取り組みを調査する際、本テンプレート(カスタマイズ可能)がステークホルダーとの関係確認や、ESG評価作成(または情報更新)にご活用いただけます。どのESGトピックが、自社やステークホルダーにとって重要なのかが把握できます。テンプレートはダウンロードしてお使いください。

ブログ:SECが発表した気候開示提案書について

SEC(米国証券取引委員会)が気候開示に関する規則案を公表しました。この大きなニュースは、企業のESGレポート担当者にとって、何を意味するのでしょうか?ハーシー社(The Hershey Co.)のジョナサン・グレゴリー(Jonathan Gregory)氏とワーキヴァ社のステーブ・ソーター(Steve Soter)氏が解説します。

オンデマンド・ウェビナー『ESGレポート作成の今後と対策』

環境・社会・ガバナンスに関するレポートは(多種多様な形式・様式があれど)何年も前から行われてきました。しかし、今ほど正式化され、重要視されている時はありません。このウェビナーでは、昨今のESGレポート革命を踏まえ、フレームワークの選択やこのレポート業務管理の方法について説明します。

ブログ:ESGレポートのフレームワークを一括管理できるESGエクスプローラーとは?

レポート業務効率化には、柔軟性のあるシステムが必要です。また、多様なESGレポートの各フレームワークや規格に関する情報へ簡単にアクセスできることも必要です。それらが実現すれば、組織の利益につながる最適な意思決定が可能になります。それが、私たちがESGエクスプローラーを開発した理由です。

ブログ:CFOメディア対談『ESGの開示要求に備えましょう』

国連グローバル・コンパクトCFOタスクフォース、ニューヨーク証券取引所、そしてワーキヴァ社が3社共同開催したCFO座談会において、出席者たちは「最高財務責任者(CFO)が、環境・社会・ガバナンス(ESG)問題におけるリーダー的存在になるでしょう」と述べました。同座談会に出席したワーキヴァ社CFOであるジル・クリンド(Jill Klindt)が、このイベントの要点をブログ記事で紹介します。

オンデマンド・ウェビナー『監査とESGレポート〜なぜレポートは監査の必要があるのか?〜』

現在、ESGレポートの生合成・正当性を証明することがこれまで以上に厳格になっています。レポートに関わる財務部、サステナビリティ部、監査担当の3者間で効果的なコミュニケーションをとることが求められているのです。ESGレポート業務の信頼を確立するには、まず最初、算出の段階で監査対応可能なシステムを経ることが不可欠になります。