脱炭素の戦略立案はベイン・アンド・カンパニーとパーセフォニにお任せください

私たちの強み

カーボンニュートラル達成に向け、企業はパラダイム・シフトを迫られています。

多くの企業はこれまで、脱炭素への取り組みに関して様々な違和感や疑問点を感じていたのではないでしょうか?

  • 企業価値の創造ではなくコンプライアンスに労力を注がなければならない?

  • 監査対応可能な正確な値ではなく概算値に頼らなければならない?

  • リアルタイム計測の正確な数値ではなく年1回計測の数値に頼らなければならない?

パーセフォニは、気候変動管理・会計プラットフォームのリーディングカンパニーとして、上記のような企業が抱える数多くの違和感・問題を解決します。お客様の排出量の詳細を可視化・分析するツールを提供することで、カーボンニュートラル時代の企業最適化を力強くお手伝いします。

ベイン・アンド・カンパニーは、カーボンニュートラル時代の企業戦略に関する高い専門知識を有しており、また、投資家目線に立った企業経営のノウハウに関しても深い知見を有しています。ベイン・アンド・カンパニーのそのような大きな強みと、パーセフォニの高性能炭素会計プラットフォームのパートナーシップは、企業のリアルタイムデータを活かしたカーボンニュートラル達成を可能にするものです。お客様企業は、脱炭素化に向けて最適な行動を選択し、新たな価値を創造することができるのです。

投資家・金融機関・一般企業など、すべてのお客様が、従来の財務会計と同じ厳密さと透明性を持って、炭素排出量の算出と管理ができるようになります。

ポートフォリオの脱炭素化ロードマップ

  • ポートフォリオ全体の温室効果ガス排出量と炭素密度を算出

  • ”脱炭素化成熟度評価”の遂行と、修正可能なベースライン(基準値)に基づく進捗管理

  • 脱炭素化に向けて、ポートフォリオ企業の優先順位付け、そして動員計画の作成

カーボン・ディリジェンス(炭素評価)

  • 対象事業内・バリューチェーン内における、排出量が最も多い活動の特定

  • 同業他社の排出削減経過と目標値のベンチマーク(水準値設定)

  • 脱炭素化における業界内でのリスクとチャンスの洗い出し(顧客動向・導入規制・技術開発など)

  • 優先的に取り組むべき脱炭素アクションを特定し、その結果得られる価値創造の可能性を推定

脱炭素化における価値創造計画

  • 修正可能なベースライン(基準値)設定し、自社の温室効果ガス排出量を詳細に渡って可視化・透明化

  • 脱炭素化のための詳細なロードマップの作成(優先的アクションの設定とそれに伴う価値創造の推定、など)

  • 計画を実行に移すためのイネーブラー(成功要因)の特定

パーセフォニ紹介動画(Misfits of Scale)
00:30

ケンタロウ・カワモリ氏は、パーセフォニのリーダーであり、地球の環境改善にインパクトをもたらす存在です。ケンタロウ、あなたの活動に感謝します

マニー・マセダ(Manny Maceda)-Worldwide Managing Partner