オーク・ヒル・アドバイザーズ社

ESG要素を投資戦略に活用するために

Learn More
組織
オーク・ヒル・アドバイザーズ社
地域
北米
産業
金融機関
オーク・ヒル・アドバイザーズ社は、ESG(環境・社会・ガバナンス)の要素を投資活動に組み込むことを大切にしています。
Learn More
組織
オーク・ヒル・アドバイザーズ社
地域
北米
産業
金融機関
オーク・ヒル・アドバイザーズ社は、ESG(環境・社会・ガバナンス)の要素を投資活動に組み込むことを大切にしています。

オーク・ヒル・アドバイザーズ社(OHA)様は、570 億ドルの運用資金を有する大手オルタナティブ投資会社です。30年以上にわたり、北米、欧州などにおいて、プライベート、ディストレスト、スペシャル・シチュエーション、リキッド、ストラクチャード・クレジット、不動産クレジットの各金融取り扱いにおいて、その存在感を示されてきました。

投資活動において、ESG(環境、社会、ガバナンス)の要素を組み込むことを、重要事項に据えられています。

ESGとサステナビリティの理念に即した業務推進の一環として、また、気候変動が投資収益にもたらすリスクの高まりを意識して、OHA様は、気候変動がもたらす業務への影響を正確に測定・管理することを自らに課しています。

パーセフォニのプラットホームを導入することで、課題であった温室効果ガス排出量の正確な測定に成功しました。また、パーセフォニはOHA様とのやり取りの中で、気候ソフトウェア業界初となる画期的なベンチマーク機能の開発に成功しました。

パーセフォニとのパートナーシップは、我々の気候変動アクションプランを推進するための重要な要素の一つです。 パーセフォニのプラットホームで算出されたあらゆるデータは、自社の全体的な排出量削減計画だけではなく、顧客との取引における判断基準としても活かされています。 【ジェフ・コーエン(サステナビリティ部門責任者)】

本案件を成功に導いたパーセフォニ・スタッフ
Persefoni U.S.
Ryan Miller
ライアン・ミラー(グローバル ファイナンス サービスSVP&GM)
Persefoni U.S.
Katie Blum
ケイティ・ブルム(クライメート ソリューションズ部 アソシエートディレクター)
Persefoni U.S.
Matt Miller
マット・ミラー(戦略カスタマーサクセス部 マネージャー)

パーセフォニと気候テック

業界の最新動向や、炭素会計にまつわる最新ニュース

ブログ
2022年8月8日
炭素会計のパーセフォニと脱炭素化コンサルティングのウェイストボックスが業務提携排出量算出から脱炭素施策のコンサルティングまでを一括で提供

企業の脱炭素化が急務となっている背景として、地球温暖化が数十年来進行しており、このまま進行すると将来、災害の増加や生態系の変化によって、森林や生物資源の減少のほか、人類の健康や居住域に多大な影響を与えるとみられています。そのため、日本政府による2050 年までのカーボンニュートラル達成目標の設定や、東京証券取引所によるTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)※の要請に即した上場企業の気候変動に関する情報開示基準の強化に伴い、企業や金融機関が 炭素排出量の削減への取り組みを進めています。

炭素排出量を削減する取り組みの基本は、炭素排出量の管理と把握、排出量削減目標の設定、脱炭素戦略の策定と実行を永続的に行う、脱炭素のオペレーションサイクルを構築することです。しかし、こうした取り組みに未着手、あるいは最近始めたばかりの企業や団体も多く、具体的に何から実施すればよいか分からない、あるいは着手していても、十分な知識やノウハウが無いため効率的に進められないという状況がみられます。そのため、国内外の炭素排出量の管理と脱炭素目標の設定におけるシステムソリューションを提供するパーセフォニと、炭素会計や炭素排出量に基づいた削減活動のコンサルティングにおいて日本のリーディングカンパニーであるウェイストボックスが、共同で企業や団体の脱炭素化を支援します。温室効果ガスの国際的な測定基準であるGHGプロトコルやPCAF(金融機関向けの国際的な炭素会計パートナーシップ)に基づいた国内外のサプライチェーンおよび金融機関の投融資先の炭素排出量の算出が可能です。