Persefoni Expert Publications

金融庁主導の「気候変動関連」開示要求が開始されています

炭素情報開示の義務化が企業に求める動きとは?

温室効果ガス開示要求の必要性が迫っています。2022年4月、金融庁は日本のプライム市場に属する企業に対して、TCFDに沿った気候リスク開示を要求しています。一方アメリカ合衆国でも、SEC(米国証券取引委員会)が、2022年3月に温室効果ガス開示義務化(TCFDに準拠した)を発表したばかりです。実は、SECがこの開示草案をまとめている際、彼らが最初にアドバイスを求めたのは他ならぬパーセフォニであり、我々は3回に及ぶ会議を持つことになりました。今回パーセフォニが製作したe-book(PDF)は、今後、規制当局からの開示要求に企業がどのように対応していけば良いのかをわかりやすくまとめたものになります。パーセフォニに所属する業界を代表する気候専門家であるティム・モーヒン、ラーキ・クマーらが詳しく解説します。

このPDF資料であなたが学べる内容:

  • 温室効果ガス開示要求の基礎知識

  • 自社が開示する際に知っておきたい事(基準やガイドラインなど)

  • 開示業務に役立つ最新ツールやテクノロジーについて

パーセフォニと気候テック

業界の最新動向や、炭素会計にまつわる最新ニュース